羽アリの駆除は専門業者に依頼【アフターフォローが対応可能】

集合住宅と野鳥の問題

ハト

再営巣を防ぐために

鳩という鳥は、非常に学習能力の高い鳥です。他の野鳥よりも人間の生活に近い場所に暮らし、人のいる環境を利用して日々過ごしています。しかし、人と鳩の距離が近すぎるために、思わぬトラブルが発生します。駅前広場などでは、都度都度糞害などが問題になり、餌やりを自粛する注意書きなども張り出されています。そして、集合住宅では、もっと重大な問題も出ています。最近、アパートやマンションのベランダに鳩が巣を作るという事例が増えています。人が住む場所の近くに巣を作ることで、カラスやヘビなどの天敵から卵や雛を守ろうという算段でもあるのです。このような行為は、人にとっては大迷惑です。鳩の巣が1つあるだけで、ベランダに洗濯物を干せなくなったという人も大勢います。ベランダにある巣を見つけたら、早急に対策を取る必要があります。早い段階での対策が、再び営巣をさせないための策にもなります。鳩は巣作りに適した窪みを見つけると、積極的に営巣を始めます。巣作りしている鳩の行動に気づいたら、速やかに巣を撤去しましょう。しかし、ただ撤去しただけでは再び戻って来ることになります。巣を壊したら、巣作りに適した窪みを埋める対策も重要です。さらに防鳥ネットなどの対策も有効です。ベランダに侵入できないと判断した鳩は、すんなりと再来を諦めてくれます。ただ、対策に隙があれば、鳩の再来を許してしまうこともあるので要注意です。防鳥ネットは、鳩が入れる隙間や穴がないかを日常的に確認することも重要です。

Copyright© 2018 羽アリの駆除は専門業者に依頼【アフターフォローが対応可能】 All Rights Reserved.